Arthurのblog 勝手に放言

勝手気ままにたま~に、
勝手に放言しますんでお気になさらずに、
Twitterまとめたり温泉やらまいうーな物も

タグ:旅行

またまた間が空いたけどw この旅行記もラスト?かな


前回予告?通りに5月4日に泊った宿のお話を。


この時既に3回目の利用、3月に最初に利用して気に入り、
4月も行ってw 偶然サイトで見つけたんだけど、最初は半信半疑でしたねw

普通この辺りの温泉宿で、離れ・部屋綺麗・広い・温泉風呂付、ってなれば
2食付で一人2~3万は下らないと思うけど…かなりお安い…とだけw


加温・加水もしない100%源泉掛け流しの広いお風呂が付いてます
IMG_3890


窓が大きく明るく半露天風呂気分♪、人目も気にならないし
IMG_3892


*泉質
アルカリ性単純温泉(低張性 アルカリ性 高温泉)

*温泉成分の特徴
刺激が少なく万人向きの温泉です。入浴すると、肌がつるつるすべすべするお湯。
 
*源泉の温度
47℃ 配管を通り浴槽では概ね42℃、加水・加温なし、
循環かけ流し式で浴槽に常に新しい温泉を注入して溢れさせてある。

女性には特に嬉しい加水なしなので、カルキの含まれた水は
入ってなく、自然の湧きだす湯水で肌にとても良いらしいです。

一般的適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

温泉固有の適応症:切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症

(宿のHPより引用)


この温泉、お湯は本当に良くて、サラサラして硫黄の香りは少なめだけど、
肌に纏わり付く感じっていうかジワジワ浸み込む感じ、マジ生き返ります♪


離れは3棟でザックリ言えば大中小って感じの広さが3種、それに本館も↓

本館(4室)・・・8畳+3畳+板の間 
離れ(3室)・・・8畳+3畳・8畳+4畳・16畳の3タイプに板の間・広い洗面台・内湯付


大浴場と露天風呂
1405326817004043400
1405326817000323500


フロントとロビー、離れ部屋一例
1405326816095252000
IMG_3639
1405326913010093700



食事は別棟で、築100年の古民家を改築してあり風情あり趣あり。

渡り廊下を通り
IMG_3655

こんな感じの建屋の中で
1405326817008097500

個室に仕切った部屋で食事できます
IMG_3897

IMG_3781


料理の内容も独特で魅力、自家製の有機野菜と、近隣の四季折々の新鮮な
野菜や山菜等を使って、素朴ながらバラエティに富んだメニューの数々。

野菜の本当の旨さを味わえます、なんせ肉料理や刺身が無い(笑)
なのに全く飽きさせない味と料理の数々、最初の時は驚かされましたw

ありがちな温泉宿の会席料理とは違うヘルシーまいうー
IMG_3896

それでも鮎?山女?の塩焼きは出ます
IMG_3787

ドリンクメニューも豊富、生ビール↓はもちろんワインも
IMG_3783



満願寺温泉はコンビニもお土産屋さんもない山の中、小さな川沿いの小さな道沿いに
何軒かの温泉宿や立寄り湯と民家が有るだけ、静かさと雰囲気が魅力の佇まい。

ゆったりとした気分で滞在できます、お風呂は常にお湯が溢れ流れてるし
何度も入っちゃいますねw 食事の時以外は部屋から出ないもんなぁ~


広くて使い易い洗面台
IMG_3895



この宿はご家族で経営されてて、スタッフの皆さん良い方ばかりで話やすく、
対応も係わり過ぎる事なくて、付かず離れずって感じが丁度いい。

一日に受入れる客数は、しっかり対応出来るキャパ内に抑えてるそうです、
温泉で日々の疲れた身体が解れて、夜は本当にぐっすりと眠れます。


朝食、素朴な優しい味でついつい満腹にw 美味しい地元米ご飯
IMG_3913


チェックアウト11時なので朝からもゆっくり、朝風呂も数回出来るw
IMG_3894


宿のアイドル犬、ゴールデンレトリバーのアスカちゃん、タイミング合えば逢えます、
まぁ割と大きめなんで苦手な方はアレですがw 人懐っこくてめちゃ可愛いっす♪
IMG_3795



かなり長々となりましたけどw 私的にこんなにリピ必至状態になったのは初めて、
住みたいぐらいw 自分は海より山派ってのもあるけど、良い所なんだよなぁ~

ってな訳で… 実は… 今週末も…ww
 



間が空きましたが5回目、まだ2日目の昼だw


瀬の本高原→やまなみハイウエイ→ミルクロード→南小国町と回り、
昼はかなり過ぎたけど、お腹はもってたんで阿蘇路をドライブ。

久しぶりのやまなみハイウェイでしたが、やはりドライブには最高♪


南小国に別ルートで戻ったって感じのコース、役場より少し手前から
山道に入り、行ってみたかったカフェへと向かいました。

IMG_3872

カフェ 果林(karin)


石釜焼きのピザと石釜焼きパンがメインのお店、ピザ・サンドイッチ
食べたけどめちゃ旨いっす、どれも外はパリッと中はモチモチ、
このモチモチがめちゃモチモチでしたねぇ~♪ チーズや具材含めた味も良かった。

場所がかなり山奥で分かり辛いけど覚えたw 行きたい方は是非探索も楽しんで下さいw

ランチのメイン、石釜焼きのパンのサンドイッチと石釜焼きのピザ、セットのサラダ・スープ
IMG_3878

IMG_3880

IMG_3879


ランチにセット出来るカフェラテやらロールケーキ等
IMG_3882

IMG_3881


店内とここの一押しの石釜焼きのパンの売場、自然と調和した屋外のテラス席
IMG_3874

IMG_3875

IMG_3877


こんな旨いピザは久々っていうか好みにピッタシだったし、
お店の場所と雰囲気が最高でした、人気でお客さん多かったですね。


遅めのお昼だったので、ゆっくりしてたらいい時間に、宿へと向かうことに。
最近のお気に入りで3月に知ってから毎月行って3回目の「志津の宿」


満願寺温泉の通り景色と宿の外観とか
CAGYyzhUMAEXxvq

CAGYl5yUsAAxdl5

CAGYsdEVEAARJSY



次回はこの宿の「良さ」をお伝え出来ればと思ってます。



この旅行記も4回目ですが… なかなか進まないw

まだ初日終わったとこやしw でもまぁボチボチやりますわw
とにかく気が向いた時にしか更新しませんしねぇ~w


2日目の朝、散策・朝風呂・朝食やら終わって、
部屋でまったりした後、宿をログアウト、お世話になりました♪


杖立温泉街を出て橋を渡る直前の左手に「観音岩温泉」という
立ち寄り温泉があります、川沿いの切り立った崖に多くの家族湯があり、
もちろん貸切個室湯で川の流れを眼下に、天井も開閉するみたいで、
露天気分や綺麗な山々の風景も見れるかも、こんな感じ↓
IMG_3859

分かり辛かったらコチラのサイト見て下さいw → http://mushimaru.com/kannoniwa/


この温泉のちょうど対岸?くらいに同じ経営?の物産店があります
43001184_3836_1

ここで買った物の中でのオススメは、辛子蓮根と↓の地玉子です
IMG_3860

この玉子、かなり旨いです!宿の朝食で食べて旨くて教えてもらってたので、
20個パック買いましたが、2週間生で大丈夫らしく、帰ってから使ったら…

8個は実家にお土産して12個家で食べてますが、今現在10個食べて
なんと!10個中8個が双子玉子でした!黄身が二つ、メチャ濃厚な味、
玉子かけご飯に最高ですよ♪大玉だしそもそも殻が硬いんすよね~
IMG_3929



豊作市場を後にして、しばらくドライブタイム、この辺りをドライブするのは
景色良いし空気綺麗で澄んでるし、好きですねぇ~

とりあえず小国町まで行き、国道交じり合う交差点を左折って黒川方面へ、


442号線をゆっくりタラタラと、風景愛でりながら黒川温泉横目に見つつw


瀬の本高原 三愛レストハウス、ここで少し休憩、昼メシはドライブ後に後回し
IMG_3861

霧がかってて眺めはイマイチでしたw

その後やまなみハイウェイ入って、南小国方面へ、途中にあった??
IMG_3862

植木屋さんかな?色々あえいましたよw 鹿とかもいたしw ↓
IMG_3865


最後に阿蘇らしい風景を、続きは旅行記-5で、気が向けば更新しますw
IMG_3870



旅行記-2で紹介したお風呂をたっぷり堪能した後…


久野屋旅館での夕食は、昔ながらの有りがち?w な会席料理
ながらも、一つ一つの味は良くて、特に↓の牛すき焼きや
鮎の塩焼きは美味しかったな、ボリュームもあってコスパ良好w

IMG_3840
IMG_3841



夕食は基本部屋食か別個室食、その時々で選択は出来ないみたい
私達は別個室食だったけど、その方が布団敷きとかが
面倒じゃないから良いんだよなぁ~


そして夜にもう一度温泉にゆっくり浸かって…おやすみなさい…


んで翌朝w 少し早起きして朝風呂→朝の杖立温泉を散歩ながらの散策

IMG_3846
IMG_3848


この蒸し場は高温蒸気が出てる温泉地にはよくありますがw
使ってみた事はないw 材料(玉子や野菜とか)はあちこちで売ってた
IMG_3844


宿の裏手路地を奥へと向かうと…小さな共同温泉や、
黒猫が守る?祠堂、そこには長命水なるものがあったんで一口
IMG_3851
IMG_3852
IMG_3853



宿に戻って朝めし体制w 見た目普通ながらも素材が良いようでどれも旨い、
ご飯が甘みがあって美味しいし、味噌汁も旨い、小国ジャージー牛乳と小国ハム、
そして玉子、これが抜群で殻が硬くて黄身がプルプル味は濃厚、
小茶碗だけど二人でご飯8杯食べたくらい旨かったっのですw

IMG_3854




満腹感に浸りつつ出発準備して、久野屋旅館をログアウト、お世話になりました
これで一人¥8500!細かい事は何も言いませんし言えませんよねw


最後に杖立温泉の共同駐車場の入口~橋渡り、の絵w
少し見えにくいけど、下手すりゃドボン!するねこりゃw

旅行記-4に続きます

IMG_3856



GW 温泉旅行記-1 より続く


5/3の15時半頃に杖立温泉に到着、ここは川沿いの温泉地
川を挟んで両側に温泉宿が立並ぶ、川渡しの鯉幟が出迎え
IMG_3822



大きい観光旅館もあるけど、国道側?には狭い路地に
小さな旅館や民宿が集まってて、探索な散策したくなるw
IMG_3849
IMG_3850



大手の旅館以外は川沿いの共同駐車場に停めなきゃなのだが、
ほとんど川岸的な感じでw 大雨で増水したらヤバくね?レベルw


鯉のぼりや風景眺めつつ宿へ、画像左側に見える「久野屋」さん
IMG_3827



ここを選んだ理由としては、計画時に既に選択種が少なかったし、
毎日空室チェックしてて出たとこ押さえ的な事しつつw
この宿がコスパ高いとの判断に至ったわけで、とりま安い!w


建物は古い木造の旅館、良く言えばレトロ、綺麗で掃除等は行き届いてた
三階からの階段の絵、面白い構造になってるw
IMG_3833


部屋は和室8畳にお縁付き、景色はなんとか山が見える程度w
少し休んでからすぐ近くの(↑路地画像右上)カフェで一息
IMG_3829


杖立名物の「杖立プリン」お店ごとに色んな味が楽しめる、
画像は普通のプリンとプリンを凍らせたカタラーナプリン、珈琲と共に、
クリームブフュレ?みたくて口の中で溶けると濃厚な味わい美味しかった♪
IMG_3831



そしてようやくw お目当ての温泉へ、杖立温泉といえば蒸し風呂
IMG_3834
IMG_3837

温泉蒸気サウナって感じ、この宿のは岩造りで中はかなり狭い、
水に濡らしたタオルを敷かないとお尻が熱くて無理かもですw
それでも蒸気が体内に浸み込む感じで、焚きサウナより数段気持ちいい♪


お風呂は家族風呂1つと男女別に大浴場+蒸し風呂、露天風呂は女風呂のみw
IMG_3835
IMG_3836


温泉の蛇口のこの湯の花が濃い成分をものがたります
IMG_3839




とにかく杖立自体が硫黄の香りウンプンで、お湯もかなり硫黄成分強く
硬い?お湯かな?刺激強い系というかな、手の角質が硬くなってた部分が
あったんだけど、湯上りにポロポロ剥げ落ちる?みたいになったしw


ということで長くなるんでまたまた続きます、旅行記-3へ

↑このページのトップヘ